脂肪肝が進行したら最後は癌になります

癌という病気は日本で一番多い死因だそうです。

肺がんだったり胃がんだったりもするのですが、肝臓がんも多いようですね。

脂肪肝から進行した結果が肝臓がんですから、脂肪肝だけのうちに何かしらの治療をしなければいけませんね。

何事も早いうちが良い結果を招きます。

この病気はおそらく今は万病の元と言う事になっているのでしょう。

よく風邪は万病の元と子供の頃に効きましたが、今は違うかもしれませんね。

アルコールなどの過剰な摂りすぎでなったものは別名「ASH」

アッシュと言い肝硬変の前段階の状態だそうなので、放置してアルコールの暴飲などが続いてしまったら間違いなく肝臓がんに進みます。

癌ですから、転移の事を考えたら問題ですからもし少しでも疑いがあれば早期治療をするべきですね。

自分の体を酷使してまで癌になる事などありません。

脂肪肝からくる癌は避けなければなりませんね。

少し事情を考えてしばらくはお酒を断つくらいの感覚で予防しなければいけません。

命に関わるくらいの病気なのですからね。

同じ脂肪肝でもアルコールが原因でなるものもあれば、逆にそうでないケースもあります。

非アルコール性脂肪肝と言い「NASH」

ナッシュと言われるそうです。

このナッシュは肥満傾向の人が当てはまりますが私が思うには、今の日本は食が溢れどこに行ったとしても食べ物には困りません。

コンビニもありますしファーストフードもあります。

便利な飽食が引き起こす病気だと思っています。

何でもすぐに食べる事が出来ますが、その反面にこうした脂肪肝の病気が増えてしまっている事は実に残念な事です。

このナッシュとていずれは癌に発展してしまいます。

アルコールが原因ではないにしろ、同じ脂肪肝の枠の中にはいるわけですから注意しなければなりません。

病院に通い治していくのも大事な事なのですが、それと並行した普段の生活から改善していかなくてはなりませんね。

基本的な事なのですが、野菜中心の食事に切り替えたり、何かしらの運動や適切な睡眠などを心がけていくと良いでしょうね。

それだけでも大分変わってくると言いますから。